• 画面故障の原因修理方法ならおまかせクン


画面故障の原因その修理方法 ?

画面修理横浜ならおまかせ

・画面割れ修理その修理方法なら!

画面修理は、大きく分けてガラス割れ修理と液晶不具合修理の2つに分かれます
一般に画面割れ修理という言葉はほとんどの場合、ガラス割れ修理と同じ意味で使われます。
おまかせクンではiPhoneの画面割れ修理が地域最安価格でおこなうことができます。
横浜周辺でiPhone修理店をお探しでしたらおまかせクンまでお越し下さい!
お電話、ネット予約、お問い合わせ、お待ちしております!



  • 画面割れ修理料金一覧こちらへ

  • 画面割れ修理ご来店に関してこちらへ

  • 液晶割れ修理料金一覧こちらへ

  • 液晶割れ修理ご来店に関してこちらへ

  • 画面修理のおすすめ修理店iPhone修理の「おまかせクンこちらへ

  • 画面修理の知らないと損する知っておくべき豆知識こちらへ
  • ガラス割れ修理の場合

    ガラス割れ修理おまかせ

    ・ガラス割れ修理の場合

    iPhoneの修理の中でも最も多い修理はガラス割れ修理
    文字通り表面のガラスだけが割れている場合の修理となります。
    iPhoneの場合、歴代のディスプレイパネル全てガラスと液晶(有機EL)パネルは一体の部品、
    フロントパネルとなっています。その為、修理の場合フロントパネルごと交換します。
    iPadなどではガラスだけ交換できるようになっているモデルもありますが、
    iPhoneシリーズの場合はそうはいきません。
    画面割れ修理、ガラス割れ修理は内部の液晶には問題無くガラスだけが割れている状態です。
    タッチ操作、画面表示いずれも問題ないことが条件です。 ガラスが割れているだけなので、通常通り操作ができてしまうため、
    そのまま使い続けている人もいらっしゃるかと思います。
    見た目もひびが入っていると汚く見えますし、指で操作するときに破片でけがをしたり、
    画面を操作したり触ったりする時にボロボロ崩れてきて危ないですし、
    そのまま使っていると内部の液晶まで壊れてしまうこともあります。
    また水濡れの場合に表面からも水が入ってしまいます。より壊れやすくなるので、
    ガラス割れの場合でもお早目の修理をお勧めします。
    ガラス面のコーティング技術の向上、
    iPhoneの形状の変更などによりiPhone12以降ではガラス割れ修理の件数はかなり減りました。
    しかし、やはりガラスという物の性質上割れるということは必ず起きますので
    なるべく割らないように気を付けましょう。
    おまかせクンではiPhoneのガラス割れ修理は地域最安です。東神奈川、横浜地域でガラス割れ修理ならおまかせクンにお任せ!
     

    タッチ操作について

    タッチ操作について

    ・タッチ操作

    iPhoneシリーズは全てタッチ操作ができるタッチパネル式のフロントパネルディスプレイが装備されています。
    今では当たり前のことですが、
    iPhone登場時にはまだガラケー全盛期でしたから、
    画面を直接さわって操作することに違和感を覚える人が多くいましたね。
    液晶画面前面でタッチ操作ができるようになっていますが、
    唯一例外がノッチ部分の中心にあるイヤースピーカー部分です。それ以外の部分は端の方まで操作可能です。
    操作可能でガラス割れ修理で済むかどうかを確認する方法としては、
    設定→アクセシビリティ→タッチ→AssisitiveTouchをオンにすると丸いマークが画面に出てきます。 ホームボタンの代わりになるあの画面上のボタンです。これを画面上でぐりぐり動かしてスムーズに動いていれば問題ないことがわかります。 一部でも操作できない部分があると指に追従してこなくなります。
     

    iPhone液晶修理に関して

    液晶修理もうおまかせ

    ・液晶修理に関して

    iPhoneの場合ほとんどが液晶ディスプレイを使用しているので、
    画面修理のことを液晶修理と呼ぶこともありますが、
    液晶修理という時には液晶不具合修理のことを指す場合が多いです。
    また有機ELを使用している場合でも、表示やタッチがおかしい場合は液晶修理と呼びます。
    これは日本語の「液晶」がディスプレイを指し示す言葉として使われていることと、以前のiPhoneは液晶ディスプレイしかなかっため便宜的に
    ガラス割れ修理と液晶修理という区別がされてきた歴史的経緯によるものと考えられます。
     

    液晶不具合修理について
    タッチ不良ストレス

    ・液晶不具合修理に関して

    タッチ操作や画面表示に不具合があること。有機EL(OLED)の場合でも液晶不具合と言う場合があります 画面修理のうち、ガラスが割れているか割れていないかにかかわらず、
    液晶に問題がある場合の修理のこと。
    有機ELの場合でも「液晶不具合」と総称していることがあります。
    ガラス面の内側でタッチ操作、表示部分いずれか、または両方に不具合があるということです。
    液晶の不具合は大きく分けて2つあり、「タッチ不良」と「表示不良」にわかれます。
    タッチ不良はタッチ操作に不具合があることで、
    設定→アクセシビリティ→タッチ→AssisitiveTouchをオンにすると丸いマークが出ます。
    このマークを画面内で動かすことで、不具合があるかどうか確認することができます。
    また表示に関しては、設定の画面にすることで不具合がわかりやすくなります。
    液晶に不具合があるかどうか不安に感じたらおまかせクンにお任せください。
    iPhoneの扱いに慣れたプロがあなたのiPhoneに不具合が無いかしっかり確認します。

    液晶漏れに関して

    液晶漏れは大変困る事

    ・液晶漏れは大変困る事

    液晶が破損したことにより画面が表示されず黒くなること。
    漏れと言いますが厳密には液体が漏れているわけではないのですが、
    見た目的にそのような言い方があっているような現象です。
    落としたりぶつけたりして衝撃が加わった時に起きることが多く、放っておくとどんどん悪化していきます。
    液晶漏れの修理もおまかせクンにお任せください。
    iPhone修理のベテランスタッフがしっかり修理します。
     

    ブラックアウトに関して
    ブラックアウト

    ・ブラックアウトとは?

    iPhoneの画面が黒くなってしまうこと。
    画面が点いていない状態。電源が入っていない場合にも同じような状態になりますが、
    電源は入っているが画面が点いていないだけの状態の場合次のような点で確認することができます。
    1.充電ケーブルを挿す→ケーブルを挿して充電が始まると
    「ポーン」という音やバイブレーションで合図があります。
    それでどのボタンを押しても画面に何も表示されない場合はブラックアウトしている状態です。
    2.電話やLINEのメッセージなどを送ってみる→おやすみモードなどの設定によっては何の反応もない場合もありますが、
    電話が鳴っても画面がつかない場合はブラックアウトしている状態です。
    3.強制再起動してみる→強制再起動することによりリンゴマークが点灯しその後正常に起動するはずです。
    しかし、それでも画面に何も表示されない場合はブラックアウトしている状態です。
    おまかせクンでは故障しているかどうかわからない状態でも適切に診断しiPhoneを修理します。
    iPhoneの修理ならおまかせクンにお任せください。
     

    iPhone 液晶ディスプレイもさまざま
    液晶ディスプレイもさまざま

    ・液晶ディスプレイもさまざま

    画面表示装置のこと。iPhoneでは液晶ディスプレイ(LCD)と有機ELディスプレイ(OLED)があり、 以前は全ての機種のディスプレイが液晶でしたが、
    iPhone Xで初めて有機ELが採用。当初は有機ELの機種と液晶の機種が同時に発売されていましたが、
    iPhone12シリーズからはSE3を除いて全て有機ELとなっています。

    Lcdディスプレイ

    ・液晶ディスプレイ(LCD)の特徴

    液体と結晶の両方の性質を備えた「液晶」という物質を使ったディスプレイのことです。
    LCDとも呼ばれます。
    iPhoneが登場する前は、
    世の中のディスプレイと言えば大きなブラウン管ディスプレイと薄い液晶ディスプレイという2種類が使われていました。
    当然持ち歩く携帯電話、スマートフォンに使われるのは液晶ディスプレイでした。
    ですので、iPhoneのタッチパネル式ディスプレイのことを指して単に「液晶」と言う場合があります。
    液晶の場合は各色の点をバックライトにより表示させて画面上に映像を出力します。
    そのためバックライトの分、厚みがあります。
    また光ることで色を表現しているので、黒の表現が苦手です。
    iPhone登場時からiPhone11、第三世代のSEまで使用されましたが、
    現在では有機ELに取って代わられています。
    また有機ELを使用している機種でも、安い液晶パネルを使用しての修理も可能です。
    おまかせクンでは機種ごとに安く修理したいお客様向けに液晶パネルを使用しての修理も可能です。
    ご相談ください。



    Oled ディスプレイ

    ・液晶ディスプレイ有機EL(OLED)の特徴

    有機発光ダイオードという物質を使ったディスプレイのことで、OLEDとも呼ばれます。
    ディスプレイの商品としてみると、見た目は液晶とほとんど変わりません。
    しかし、iPhoneのディスプレイとして使う場合に多くのメリットがありますが、
    その分高価になるため、
    実用化されるのに時間がかかりました。
    iPhoneシリーズでは
    1.消費電力が少ない→iPhoneの重さの半分近くはバッテリーと言われています。
    なぜそんなに重たいか?高性能なCPUと大きな画面を長時間ストレスなく駆動するために
    たくさんの電力が必要なわけですが、ディスプレイが省電力になるとその分長時間駆動が可能になり、
    バッテリーを小さくすることができます。
    有機ELはバックライトが無いため構造的に省電力を実現できます。
    2.黒が美しい→バックライトが無いため黒を光を使わずに表現可能です。
    そのため、液晶の黒に比べて有機ELの黒はより引き締まって見えます。
    3.薄くできる→構造的にシンプルにすることができて薄くすることができます。
    4.リフレッシュレートを高くできる→これも構造的にシンプルなため画面表示のリフレッシュレートを高くすることができます。
    iPhoneシリーズではXで有機ELが初採用されました。
    並行して廉価版モデルには液晶を採用していましたが、
    iPhone12シリーズからは全て有機ELを使用しています。

    インセル液晶

    ・液晶ディスプレイ インセル (incell)の特徴

    タッチパネル式ディスプレイでは、
    表示するための機構とタッチ操作を感知するセンサーが必要なのですが、
    液晶パネルにタッチ操作を感知するセンサーを内蔵されているものを
    インセルと呼びます。フロントパネルのユニット自体を薄くすることができるのがメリットで、
    また余計な機構が無いため明るく作ることができて画質向上にも貢献しています。
    インセル液晶ディスプレイはiPhoneでは5シリーズから採用されましたが、
    修理店に出回ったのはしばらくたってからでした。
    それまではオンセルということでコピーパネルは厚みは外からは判別できない程度の許容範囲でしたが、
    画質や重さの点で純正パネルに比べて不利でした。
    しかし、その後のパネル製造業者の努力により修理店でもインセルパネルの入手が容易となり、
    現在では修理用液晶パネル全てがインセルとなっています。
    おまかせクンでは高品質なパネルで修理します。
    作業時間は20分~
    すぐに直ります。
    iPhoneの修理はおまかせクンにお任せください。
     

    iPhone コーティングに関して
    ガラスコーティングの事

    ・コーティングとは?

    よく修理店でガラスコーティングしますということは聞くと思いますが
    ここで説明するのはiPhoneに元から施されているコーティングのことです。
    このiPhoneの純正のコーティングは非常に優秀です。
    Ceramic Shieldというコーティングで一般的な「ガラスコーティング」
    と仕組みは同じなのですが、
    こちらは透明なセラミックをガラスの上にコーティングするようなイメージで、
    iPhone12 Proから採用されています。11 Proよりも4倍割れにくいということでした。
    13、14と同じCeramic Shieldでも進化してより割れにくくなっています。
    以前よりゴリラガラスという割れにくい強固なガラスが使われていましたが、
    セラミックシールドの威力はすさまじいですね。
     

    iPhone TrueToneについて
    TrueTone専用機械

    ・TrueToneってなに?

    ・TrueToneってなに? 画面の表示色を周辺の光によって調整する機能で、
    iOSの設定から有効無効を設定できます。 色は周辺の光によって見え方が変わってきます。
    蛍光灯では白い光が当たり、太陽光や白熱灯では赤い光が当たります。
    それをiPhoneのセンサーによって自動的に調節し、画像がより自然に表示してくれます。
    通常、iPhoneを修理してディスプレイを交換するとTrueToneは無効になり、
    設定の項目から消えてしまいます。
    しかし、おまかせクンでは修理後もTrueToneを有効にすることが可能です。
    iPhoneの画面修理はおまかせクンにお任せください。
     

    カラーフィルタ
    iPhoneカラーフィルター

    ・カラーフィルタとは?

    液晶画面、有機EL画面を問わず、ディスプレイは色の表現が物によって違います。
    例えば、iPhone6sの頃には、
    画面が白っぽいものと黄色っぽいものがあり、
    それによって当たり外れなんて言われていました。
    また修理した時も「純正と違う」ということで不満に思われた方も多いかもしれません。
    しかし、そんな不満もカラーフィルタを使えば解決です。
    iOSの設定からアクセシビリティ→画面表示とテキスト→カラーフィルタとたどり、
    カラーフィルタをオン色合いを選択して、
    スライダーで強さと色相を調整すればお好みの色に調整可能です。
     

    ノッチ

    ノッチとは

    ・ノッチとは?

    ホームボタンが廃止され、
    ベゼルがとても薄くなったiPhoneX以降の機種の表側で唯一画面でない上部の黒い部分と言えばわかますでしょう。
    iPhoneでは横長になっていてこの黒い部分にイヤースピーカー、
    インカメラ、環境光やFaceIDのためのセンサーなどが取り付けられています。
     

    ダイナミックアイランド
    Dynamic Island

    ・ダイナミックアイランドとは?

    iPhone14シリーズで進化したノッチ部分の名称。
    ノッチ部分は時代を追うごとに小さくなりましたが、
    14になっても無くすことはできないままです。
    ただすごく小さくなりましたので、
    この部分を活かし大きさが可変するように見せて情報をコンパクトに表示するようにしました。
    このあたり、Appleはシンプルにスマートに情報を見せるのが上手いと感じます。
     

    ダークモード
    ダークモードとは?

    ・ダークモードとは?

    iOSの設定項目にある見やすさを追求したモードです。
    全体的に黒地にグレー文字のような色調に統一されます。対応しているアプリであればそのままその色調が採用されます。
     

    Night Shiftとは
    Night Shiftとは?

    ・Night Shiftとは?

    iOSの設定にある項目で、
    これをオンにすると一定の時刻、
    初期設定では日の入りから日の出までの間目に優しい暖色系の色域に自動的に切り替えてくれます。
    ・明るさの自動調節
    環境光センサーにより周辺光の状況に合わせて明るさを自動調節してくれます。
    オンオフの切り替えは設定の一般→アクセシビリティ→画面表示とテキストの中にあります。

    ・ホワイトポイントを下げる
    これも好みの画面色に調整することができる設定です。
    設定のアクセシビリティ→画面表示とテキストの中にあります。
     

    3D Touchに関して
    3D Touchで出来ること

    ・3D Touchで出来ること

    iPhone6sシリーズから実装された機能で、
    Appleはマルチタッチと同じくらい革命的だとしてセンセーショナルなデビューを飾りました。
    通常のタッチの他にタッチの圧力強度を判定するような形で押し込むような感覚で画面を操作することにより、
    メッセージのプレビューやアプリの別の機能などを呼び出すことができました。
    マウスの右クリックのような感じです。
    最も多く使われたのはアイコンのタップ時です。
    通常のタップだとそのアプリが立ち上がりますが、
    3D Touchで強く押し込むことにより別メニューが出てきます。
    この強く押し込んだ際にはTaptic Engineにより押した感触が返ってきます。
    仕組みとしてはホームボタンと同じなのですが、ちょっと違う感触で返ってくるようになっています。
    この感度を調整することが可能で、
    設定→アクセシビリティ→タッチの中の3D Touchから変更できます。
    粗悪なパネルを使用してしまうとこの3D Touchが効かなくなってしまうことがあります。
    もちろんおまかせクンで修理に使用するパネルはそんなことはありませんのでご安心ください。
    対応機種はiPhone 6s、iPhone 6s Plus、
    iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、
    iPhone X、iPhone XS、iPhone XS Maxです。
    最近の機種には搭載されておらず、代わりに触覚タッチが搭載されています。
    ごくまれに対応機種なのに修理したら3D Touchが使えなくなってしまうという場合があります。
    しっかり調べてから修理しましょう。
    もちろんおまかせクンで使用するパネルは3D Touch対応(対応機種のみ)です。
    iPhoneの画面修理ならおまかせクンにお任せ。
     

    触覚タッチについて
    触覚タッチ

    ・触覚タッチにについて

    ・触覚タッチ iPhone SE (第 2 世代)、iPhone XR、
    iPhone 11 以降で対応している機能で、
    英語ではHaptic Touchとなります。3D Touchと入れ替わるように実装されました。
    iPhone8とSE第2世代はほぼ同じ見た目をしていますが、
    この機能は違います。8には3D Touch、それに対してSE2、SE3には触覚タッチとなっています。
    長押しと似た機能です。
    この触覚タッチをどのくらい早く感知するかの設定は、
    設定→アクセシビリティ→タッチの中の触覚タッチから変更可能で、
    速いか遅いかを選び、テストで試すことができます。
    3D Touchで実現していた機能をそのままこの触覚タッチで実現しています。
    強く押すから長く押すに変更したのですが、
    ほとんどの方が違和感なく移行できているのではないでしょうか?
    強く押すためには長く押すことになるので、
    iPhone側としては圧力を計測するのも押している時間を計算するのもあまり変わらないのです。 しかし、3D Touchと違って特殊なパネルを用意する必要が無いので、コストダウンにつながります。
    この部分はユーザーに負担も不満も無くスムーズにコストダウン出来たようです。

     ここらでは安くて早いがモットーのおまかせクンです♪ iPhone画面修理のことならなんでもお任せください。 横浜周辺でiPhone修理なら地域で安心のおまかせクン東神奈川横浜店へ。 お電話、ネット予約、お問い合わせ、お待ちしております!

    横浜でiPhone画面修理なら
    触覚タッチ

    横浜でiPhone画面修理ならおまかせクンへ

    画面ひび割れ、ガラス割れ、画面ガラス割れなどを放置して使っていませんか?
    画面交換は時間をかけず直すことがおまかせクンなら可能です!
    以前はインターネットと言えばPCが主役でしたが、
    今はiPhoneやandroidスマートフォンに移行しています。
    その生活必需品とも呼べるiPhoneの画面を眺める機会も非常に多いのではないでしょうか。
    そんなiPhoneにトラブルが起きたとき、最も頼りになる!
    そんなお店がおまかせクン横浜東神奈川店(以下、
    おまかせクン横浜店)です。iPhoneの画面のひび割れ、
    ガラス割れ、画面ガラス割れなどをそのまま放置して使っていませんか?
    おまかせクン横浜店ではそんな画面トラブルによる画面交換を短時間で修理することができます。
    あなたの大切なiPhoneを大事に使っていただくため日々、
    技術を磨いていますので安心しておまかせクン横浜店へご依頼ください!
    画面交換をせずに使っていると大変なことになる場合が!
    危険なことが起こる前に画面交換を行いましょう
    画面交換をせずに使えるからいいや!と考えて安易に使っていると実は様々な危険なことが起こる原因になってしまいます。
    そのうちの一つがガラスの破片などが原因でそれが元で怪我をしてしまった!
    もっと怖いのは友達や家族に使わせて意図せず誰かが破片で深い傷を負ってしまったなどの重大な怪我になる場合があることです。
    もうひとつがそのガラスが割れていることにより、埃や異物、
    水などが入り込んでしまいバッテリーなどに刺さってしまい膨張して故障の原因になったり、
    起動ができなくなってしまったり、最悪の場合は発火して火事になってしまうなどの危険性があります。
    おまかせクン横浜店ではそういった危険を未然に防ぐためにも安くて安全な方法で修理を行います。 毎日使うものだから快適に使用したい!タッチの不具合、液晶漏れ、液晶割れ、
    また画面の電源が入らず画面が表示されない!こんなときもおまかせクン! そして技術的な部分での故障の原因となる、タッチの不具合や、液晶漏れ、
    液晶割れはiPhoneのパスコードの入力などができなくなってしまいバックアップがとれない、
    またはパスコードを何度も間違えたことにより
    ロックがかかってしまい大切なデータの取り出しができなくなるばかりか
    iPhoneを初期化しないと直すことができないという事態に陥りかねません。
    こうなる前にぜひおまかせクン横浜店へお越しください!
    技術力と驚きの安さであなたのiPhoneの不具合を直します。また、
    画面の電源が入らなくなって画面表示できなくなっちゃった!
    というような電源に関するトラブルもお任せください!
    地域密着ナンバーワン!
    を目指す横浜でiPhoneについておこまりの時はおまかせクン横浜店があったじゃないか!
    良かったという安心できる店舗です!iPhoneのトラブルをお安く解決させるには先ずは相談を!
    横浜という地域にも根付いてiPhoneトラブルならおまかせクンへ行けば安心だね!
    と言われる店を目指してスタッフ一同、
    毎日技術力を磨き新しい情報を取り入れつつ作業にあたっています。
    更にどこよりもお安くサービスを提供するための努力を怠らないように、
    安くて安心しかも身近に使うiPhoneの画面についてのトラブルだからこそ修理のスピードも大切にします。 横浜で安く画面修理をしてくれるおまかせクン横浜店
    iPhoneトラブルなら損はさせません!近隣や遠方からのお客様ももちろん大歓迎です!
    良いサービスをするというと、どうしても「割高」
    なイメージがありますがおまかせクン横浜店はその殻を打ち破って安くてしかもスピーディー価格についてもぜひご相談ください!
    お客様のiPhoneの状態を見ることがなによりも重要な一歩です!
    ぜひ当店へ足を運んでください!iPhoneユーザーなら損はさせません!
    相談してよかったという安心感もお持ち帰りください!







    アクセス
    アクセス情報1 アクセス情報2 アクセス情報3 アクセス情報4

    横浜店紹介
    「横浜」店 スタッフ紹介 「横浜」店の外観

    iPhone 修理 買取ならおまかせクン横浜東神奈川店へ

    iPhone修理横浜 なら おまかせクン横浜東神奈川店
    受付時間: 10:00~19:00
    電話番号: 045-548-6365
    日曜日: 10:00~19:00
    定休日: 無休

    (〒221-0822
    神奈川県横浜市神奈川区西神奈川 1-6-1 サクラピアビル(マルエツ)3階)

    横浜駅より当店まで 5 分でご来店可能
    JR京浜東北線・横浜線 東 神奈川駅徒歩1分!
    京浜急行線 仲木戸駅徒歩2分!
    東急東横線 東白楽駅徒歩6分!
    東急東横線 反町駅徒歩7分!

    お車でお越しのお客様に限り、駐車券をお見せいただければ300円キャッシュバックいたします。

    【おまかせクン】でマップ検索してお越し下さい

    各種クレジットカード使えます

    各種クレジットカード使えます

    WEB予約できます 24時間受付中
    メールでご相談
    横浜店045-548-6365お問合せ・予約 電話予約
    iPhone修理なら携帯おまかせクン