• カメラ故障の症状横浜iPhoneカメラ修理おまかせクン東神奈川横浜店


安くても安心!コストパフォーマンス抜群

安くても安心!コストパフォーマンス抜群

安くても安心!コストパフォーマンス抜群のiPhoneカメラ修理

・はじめに:おまかせクンのカメラ修理サービスへようこそ スマートフォンは現代生活において欠かせないアイテムとなり、
特にiPhoneはその優れたデザインと機能性で多くのユーザーに愛されています。
中でもiPhoneのカメラ機能は、
その高画質と使いやすさから日常のさまざまなシーンで活躍しています。
最近では一般の方の使用用途ではデジカメが必要ない場面も多く、
また逆にスマホで撮影してLINEですぐに送るような状況の方が多いかもしれません。 そんな便利なiPhoneのカメラ。壊れてしまうととても困ってしまいます。
どんなに気をつけていても誤って落としてしまったり、
何らかの原因でカメラが故障してしまうことはあります。
そんな時修理にかかる費用や時間、修理後の品質が心配になるのは当然のことです。

・私たちのミッション:高品質かつ手頃な価格でカメラ修理を提供

質の高い修理を安くリーズナブルな価格で提供するおまかせクン。
コストを抑えつつも信頼できる品質の修理を受けられることは、
多くのiPhoneユーザーにとって非常に価値のある情報です。
おまかせクンにご来店いただくことで、
iPhoneカメラのトラブルに直面した際に、安心して、
かつ経済的に最適な修理オプションを選択することができます。

・サービスの特徴:なぜおまかせクンが選ばれるのか

「iPhone修理のおまかせクン」がiPhoneカメラ修理を驚くほど安くてリーズナブルな価格で提供することが
できる理由には、いくつかのポイントがあります。
まず、経験豊富なベテラン修理スタッフが効率的な修理プロセスを実施し時間と
コストを削減しています。また、品質とコストパフォーマンスに優れた部品の厳選使用により、
コストを抑えつつも高品質の修理を実現。
このようにして、おまかせクンはiPhoneカメラ修理の質を落とすことなく、
リーズナブルな価格設定を可能にしています。

・驚きの価格設定:どうしてこんなにリーズナブルなのか

「iPhone修理のおまかせクン」では、
iPhoneカメラ修理を驚くほどリーズナブルな価格で提供することができる理由には、
いくつかのポイントがあります。迅速な修理対応により時間を削減し、
効率よく修理件数をこなすことができます。
また使用する部品はコストを下げつつ品質もしっかりとしたものを厳選しています。
このようにしてコストを抑えつつも高品質の修理を実現。
iPhoneカメラ修理の質を落とすことなくリーズナブルな価格設定を可能にしています。

・あなたのカメラもおまかせクンで安く修理してください

iPhoneのカメラのトラブルでお困りの方は、
ぜひおまかせクンにご相談ください。
安くてリーズナブルな価格で高品質なハイコストパフォーマンス修理をお約束します。
迅速かつ丁寧な対応で、大切なカメラを元の状態に戻します。安心のサービスを体験してみてください。


  • 安いiPhoneのカメラ修理こちらへ

  • カメラ故障の修理こちらへ

  • おすすめiPhoneカメラ修理こちらへ

  • インカメラ 修理料金一覧こちらへ

  • カメラレンズ割れ修理料金一覧こちらへ

  • バック・アウトカメラ 修理料金一覧こちらへ

  • カメラ修理でご来店一覧こちらへ

  • iPhone修理 HOMEこちらへ



  • カメラ故障の症状横浜iPhoneカメラ修理おまかせクン

    カメラが故障した時の症状

    ●iPhoneのカメラが故障した時の症状は?

    故障かなと思った時は、カメラの場合は起動するとすぐ分かる
    場合が多く比較的症状は表に出やすいのかと思います。それでは各症状について見ていきましょう。

    1,【背面カメラのガラスが割れている

    2,【カメラが揺れる・ブルブル震える】

    2,【カメラが揺れる・ブルブル震える】

    3,【黒い点(埃やカビ)が映り込んでいる】

    4,【ズームなどピントが合わない】

    5,【カメラを起動しても暗いままで映らない】

    6,【アウトカメラとインカメラの切り替えができない】

    7,【Face IDなど顔の認証がされない】



    1,【背面カメラのガラスが割れている】

    iPhoneの精密なカメラで一番大事なカメラのレンズを守るために、
    背面側にカバーガラスが備わっています。
    近年のiPhoneはカメラ付近に出っ張りがあるので、
    引っ掛けたり簡単に落としたりで割れてしまうこともあります。
    割れやヒビがある中でそのまま使用しているとカメラ本体のレンズを傷つけてしまうなんてことにも。

    2,【カメラが揺れる・ブルブル震える】

    このカメラが揺れる震えると言う症状は、
    カメラを起動すると画面が揺れたりカメラ付近からカタカタ
    と異音が聞こえるためわかりやすいのかなと思います。
    この症状はほぼアウトカメラに現れることが多く、
    ジャイロセンサーが故障すると現れる様です。
    原因は、車やバイク・自転車などで強い振動が長時間続いたり、
    落下の衝撃によることが多いです。車やバイクなどでナビがわりに使うのはとても便利ではありますが、
    長時間継続して使用することは控えた方がいいかもしれませんね。

    3,【黒い点(埃やカビ)が映り込んでいる】

    画面割れや背面割れ・水没、カメラレンズガラスに割れやヒビがあると
    隙間から目に見えない埃やカビなどが入ってしまう場合があります。
    この埃やカビがカメラの内部に侵入してしまい黒い点として映り込んでしまう場合があります。
    確認するにもよく見ないとわからないことも多く、
    たまたまその機能を使った時に映り込んだなんて事もよくあります。
    ポートレートや広角・超広角・ズーム機能などを起動し確認してみましょう。
    この写り込みはレンズ表面ではなく何層もあるレンズの中に入り込むことが多いため、
    表面を綺麗にすれば直るものではありません。

    4,【ズームなどピントが合わない】

    カメラを起動した時に、ピントが合わずぼやけてしまう
    ズームなどを繰り返してピントが合わないなどの症状があります。
    カメラレンズガラスがひどく割れてる時にも起こり得ますが、
    主な原因としては長時間の振動や落下による強い衝撃などがあります。

    5,【カメラを起動しても暗いままで映らない】

    アウトカメラが起動しても暗くインカメラに切り替えたら起動する、
    またはインカメラも起動しない。
    システムの不具合であれば再起動をし改善されると言うこともありますが、
    何度もブラックアウトをしたり改善しない場合は、カメラの故障の可能性が高いと思います。

    6,【アウトカメラとインカメラの切り替えができない】

    アウトカメラからインカメラに切り替えする際に、切り替えのタップをしても切り替わらない
    タップすると画面がフリーズしてしまう。または強制的にカメラアプリが終了してしまう症状です。
    この場合はどちらかのカメラが故障している可能性が高いです。
    iPhoneX以降の場合インカメラが故障してるとFace IDと連携している場合もあるため修理がより難しくなってしまいます。

    7,【Face IDなど顔の認証がされない】

    iPhoneX以降に搭載されている機能としてパスコードやホームボタンに頼らずとも
    画面のロック解除ができる機能がFace IDです。
    Face IDでロック解除できない又は顔認証の登録ができないという症状の場合は
    インカメラに付随している顔認証のセンサーの故障が主な要因です。



    カメラ故障の修理はどこに持って行けばいいかに関して

    どこに持って行けばいい?

    iPhoneのカメラ故障の修理はどこに持って行けばいい?

    お手持ちのiPhoneがカメラが故障しているとわかった場合にどこに持っていけばいいのでしょうか、
    Androidの場合は各キャリアでの修理やメーカー修理が多いですが、
    iPhoneの場合は需要が多い為選択肢が多岐に渡ります。自分に合った修理方法で修理依頼しましょう。
    修理依頼の方法は大枠で三つあります。

    1,【Apple正規店・Apple Store】

    2,【Apple正規代理店・独立プロパイダ・購入時のキャリアショップ】

    3,【街場の修理店・修理おまかせクン】


    1,【Apple正規店・Apple Store】

    Apple正規店・Apple Storeの場合は、修理期間がかかる事や預ける又は交換が必要なことが多く、
    修理に数日かかる事やデータの初期化が必要だったり
    修理価格がかなり高額で即日の修理には中々対応してもらえないと言うのがあります。
    しかし、必ず純正部品で対応してもらえると言う安心感はあるのかなと思います

    2,【Apple正規代理店・独立プロパイダ・購入時のキャリアショップ】

    この場合も主に修理期間がかかり初期化が必須の場合が多いです。
    特に携帯キャリアのショップの場合は、
    自身でApple Storeに行って下さいと対応が冷たい事もしばしば。また、
    正規代理店や独立プロパイダでも同様に場所によっては初期化や期間が掛かり正規よりも高額なんてことも。
    それと、修理対応している部品や場所もそれぞれ異なるため、
    特にカメラなど特殊な修理の場合は事前に調べないとその場で即日行っても対応できないなどがあります。
    ただ対応できないとは言わず、お預かり修理で対応可能などと言われるかと思います。
    こちらの場合も純正部品の取り扱いなので安心感はあるのかなと思います。

    3,【街場の修理店・修理おまかせクン】

    即日修理ができて正規店や正規代理店などと比べると比較的安価で対応できるのが、
    駅前などにある街場の修理店です。
    iPhoneの修理需要も多いのでiPhone専門で修理してくれる場所も多いことが特徴です。
    特に技術や価格に差の出やすいのも一つの特徴ですが、長年営業している修理専門店は信用してもいいと思います。
    修理おまかせクンでも修理件数の豊富なスタッフが常駐しておりますので、
    カメラ故障などのご相談も承れます、ぜひ一度覗いて見て下さい。


    iPhoneのカメラの呼び方に関して

    iPhoneのカメラの呼び方に関して

    iPhoneのカメラの呼び方はたくさんある!?

    iPhoneのカメラの呼び方はたくさんある!? あ、カメラが壊れた。けどこれなんて言うんだと思った方も多いのではないでしょうか。
    修理店はどちらのカメラですかという質問が必ず返ってきます。
    修理依頼する上で覚えておいた方がスムーズに運びます。ネット検索でも呼び方は様々あります。

    1,【内側のカメラ・インカメラ・フロントカメラ・液晶画面側のカメラ】

    内側のカメラでもこれだけの呼び方があります、人によっては別の呼び方もあるかもしれません。
    内側のセルフィーで撮る側・自分の顔を撮る側が故障してしまった場合は、
    修理店へはインカメラ・フロントカメラなどと言っていただければスムーズに対応してもらえるはずです。

    2,【外側のカメラ・アウトカメラ・バックカメラ・リアカメラ・タピオカレンズ・背面側のカメラ】

    外側のカメラの呼び方は、インカメラの比ではありません。
    一般にアウトカメラ・リアカメラなどの呼び方がポピュラーですが、
    近年ではカメラ自体が大きくなり出っ張りも出てきて見た目からも
    [タピオカレンズ]と言う呼び方がポピュラーになりつつあります。
    修理店へはおおよそどの呼び方でも伝わるはずです。

    iPhone カメラ修理 即日

    おまかせクンのカメラ修理でいいのはなんと言っても、思い立ったらすぐにやって貰えるところです!

    1,【おまかせクンのカメラ修理は即日修理可能】

    壊れた!今すぐ修理したい!こんな時はおまかせクンにお越しください。
    即日修理可能で最短では30分ほどでできます。
    しかし早いからと言って雑なわけではありませんのでご安心を!
    専用工具などを使い正確な手順と知識・技術があればこそできます。
    30分で早くできると言うより30分でできちゃうと言ってもいいかもしれません。

    2,【正規店は、、、】

    基本的に正規店でのカメラ交換修理としては、バックアップ
    初期化(又は探すをオフ)をして事前準備をした後にお預かり修理の場合は、
    数日かけて整備品へ本体交換の場合が多いようです。


    iphone カメラ修理 自分で出来る?に関して

    カメラ修理 自分で出来るに関して

    iPhone カメラ修理 自分で出来る?

    近年のiPhone修理事情は大きく変わりつつあります。
    アメリカから順次、展開を始めている「Self Service Repair」プログラム。
    つまり個人修理プログラムです。しかし、
    日本では需要と法整備の観点からこのサービスは持ち込まれないと考えてもいい。
    また、このプログラムでも液晶画面が純正パーツとして主のため、
    カメラには適用されない可能性もある。現状は、個人修理は難しいのでおまかせクンにお任せください!

    1,【「Self Service Repair」とは?】

    2,【日本での個人修理が難しい理由】

    3,【日本とアメリカの修理事情の違い】

    4,【カメラ修理はおまかせクンの理由】


    1,【「Self Service Repair」とは?】

    「Self Service Repair」は、簡単に言うと誰でも個人でiPhoneやMacBookを分解し、
    Appleから供給された純正の修理パーツを利用し、
    専用工具をレンタルなどして修理を行うサービスです。
    今までは正規修理を基本に、
    契約とトレーニングを行った正規代理店などが修理を担当しています。
    修理パーツについても、そうしたパートナー以外には純正のものが供給されていないのが現状でした。
    特にiPhoneの場合、純正の部品を使わないと一部の機能が使えなくなるなどの可能性もある。

    2,【日本での個人修理が難しい理由】

    日本の場合は個人でスマホを修理するために分解し、
    その後に利用するのは適法じゃない。
    日本における通信機器は「技術基準適合証明」
    (技適)制度のもとに使うことになっていて、
    適切な資格を持たない人間が分解などをしたのちに通信を行なうと、
    電波法違反に問われる可能性があるためです。
    アメリカを初め諸外国にもこの技適のような法整備は当然あるが、
    隣国のように技適を満たさない通信機器を一人一台利用することは合法とするなどの柔軟性はあるようです。
    この法整備が整わない限り日本ではこのサービスプログラムは始まらないと考えていいと思います。

    3,【日本とアメリカの修理事情の違い】

    日本では、古くからメーカー修理が基本とも言える
    修理はもちろんその後のアフターサービスも手厚い為です。
    しかし日本ではAppleの正規店舗が限定的にある為足を運びにくい事も事実。
    その点、アメリカに関しても基本は同様ではあります。ただ、
    アメリカでは正規店舗が点在しているため利用は安易にできる。
    これと同等もしくはそれ以上のスマホ修理を行える店舗がある、
    ホテルやモールなどには必ずと言っていいほどあるようです。
    日本のiPhone修理業者と同様に素早くその場で修理できるため需要が計り知れない。 また、データの意識も同様だ。日本人の場合は端末一台完結の人が多いのではないのだろうか。
    iPhoneが日本で売り出された当時の背景もあるのかもしれない。
    アメリカのスマホ事情として近年ではクラウドが主流になりつつあるが、
    データはPCに同期することが当然の感覚であるともいえる。その為、
    安価で修理したのだから壊れてもしょうがないと言う感覚もある。

    4,【カメラ修理はおまかせクンの理由】

    これらのように、
    日本では個人で行うカメラ修理は当然のことながらリスクがある為、
    修理経験豊富な修理業者に任せるのが適当であると考えた方がいい。
    その点に関してはおまかせクンであれば、
    修理経験豊富なスタッフが在中していて在庫も豊富なため急な修理にも
    データをそのままでカメラの交換修理が可能です!


    iPhone 歴代カメラ機能の比較に関して

    歴代カメラ機能の比較に関して

    iPhone 歴代カメラ機能の比較

    年々進化するPhoneのわかりやすい性能の比較として1番に取り上げられるのが
    カメラの性能ではないでしょうか。
    歴代のiPhoneと比較しながら見ていきましょう。
    最新の15promaxでは光学ズームが5倍とかなり進化しています。

    1,【15シリーズのカメラ性能】

    2,【14シリーズのカメラ性能】

    3,【13シリーズのカメラ性能】

    4,【12シリーズのカメラ性能】


    1,【15シリーズのカメラ性能】

    14シリーズから大きく変わったのは、[15/15Plus]の画素数でProシリーズとも同様の画素数です。
    また、15Promaxのみ搭載のテトラプリズムレンズにより光学ズームが5倍まで延長。
    カメラ部分の出っ張りは約4mm
    [15/15Plus]2眼レンズ・光学ズーム各2倍
    アウトカメラ:メインカメラ:4,800万画素・超広角カメラ:1,200万画素
    インカメラ:1,200万画素
    [15Pro/15Promax]3眼レンズ・光学ズームPro3倍,Promax5倍
    アウトカメラ:メインカメラ:4,800万画素・超広角カメラ:1,200万画素・望遠カメラ:1,200万画素
    インカメラ:1,200万画素

    2,【14シリーズのカメラ性能】

    13シリーズからの進化はそれほど劇的ではありませんが、
    インカメラにオートフォーカスモードが追加されるなど進化はしています。出っ張りは約4mm
    [14/14Plus]2眼レンズ・光学ズームなし
    アウトカメラ:メインカメラ:1,200万画素・超広角カメラ:1,200万画素
    インカメラ:1,200万画素
    [14Pro/14Promax]3眼レンズ・光学ズーム3倍
    アウトカメラ:メインカメラ:4,800万画素・超広角カメラ:1,200万画素・望遠カメラ:1,200万画素
    インカメラ:1,200万画素

    3,【13シリーズのカメラ性能】

    このシリーズは、背景をあえてぼかすシネマティック機能に対応しています。出っ張りは約2.6mm
    [13/13mini]2眼レンズ
    アウトカメラ:メインカメラ:1,200万画素・超広角カメラ:1,200万画素
    インカメラ:1,200万画素
    [13Pro/13Promax]3眼レンズ・光学ズーム3倍
    アウトカメラ:メインカメラ:1,200万画素・超広角カメラ:1,200万画素・望遠カメラ:1,200万画素
    インカメラ:1,200万画素

    4,【12シリーズのカメラ性能】

    12proシリーズの機能で便利なのが、
    夜間でのオートフォーカス機能に特化したLiDARスキャナが搭載されLiDARスキャナがあれば、
    ポートレードモードの精度も向上するため、夜間に撮影した写真でも明るく、
    よりきれいな出来上がりになります。出っ張りは1mm
    [12/12mini]2眼レンズ
    アウトカメラ:メインカメラ:1,200万画素・超広角カメラ:1,200万画素
    インカメラ:1,200万画素
    [12Pro/12Promax]3眼レンズ・光学ズームPro2.5倍,Promax3倍
    アウトカメラ:メインカメラ:1,200万画素・超広角カメラ:1,200万画素・望遠カメラ:1,200万画素
    インカメラ:1,200万画素
    いかがでしたでしょうか?カメラ性能一つとっても、
    より使いやすくより素敵に写真を撮れるように年々進化していきます。
    このカメラ性能を求めてiPhoneを買い求める方も少なくないはず。



    iPhone 歴代カメラ機能の位置に関して

    iPhone 歴代カメラ機能の比較に関して

    iPhone 歴代 カメラの位置

    iPhoneを見分けることの出来る一つがカメラの位置では無いでしょうか。
    歴代のiPhoneのシリーズによって位置や大きさが異なるため、
    わかる人が見れば一目瞭然です。それでは位置について比較していきましょう。

    1,【15シリーズと14シリーズのカメラ位置】

    2,【13シリーズのカメラ位置】

    3,【12シリーズのカメラ位置】

    4,【11シリーズのカメラ位置】

    1,【15シリーズと14シリーズのカメラ位置】

    15pro/15promax/14Pro/14Promaxは三眼レンズで、
    縦に上から望遠カメラ・メインカメラで右に超広角カメラと並んでいます、
    カメラ部分の出っ張りは4mm程
    15/15Plus/14/14Plusは二眼レンズで左上に超広角カメラ、
    右下にメインカメラと並んでいます。出っ張りは4mm

    2,【13シリーズのカメラ位置】

    13pro/13promaxは三眼レンズで、縦に上から望遠カメラ
    メインカメラで右に超広角カメラと並んでいます、
    カメラ部分の出っ張りは2.6mm程 13/13miniは二眼レンズで左上に超広角カメラ、
    右下にメインカメラと並んでいます。出っ張りは2.6mm程

    3,【12シリーズのカメラ位置】

    12Proは三眼レンズで、縦に上から広角カメラ
    望遠カメラで右に超広角カメラが並んでいます、
    カメラの出っ張り部分は1mm程度
    12Promaxは三眼レンズで、縦に上から望遠カメラ
    広角カメラで右に超広角カメラが並んでいます。カメラの出っ張り部分は1mm程度
    12/12miniは二眼レンズで、上から超広角カメラ
    メインカメラと並んでいます。こちらもカメラの出っ張り部分は1mm程度

    4,【11シリーズのカメラ位置】

    11Pro/11Promaxは三眼レンズで、縦に上から広角カメラ
    望遠カメラで右に超広角カメラが並んでいます、カメラの出っ張り部分は1mm以下 11のカメラは二眼レンズで、上から超広角カメラ・メインカメラと並んでいます。
    こちらもカメラの出っ張り部分は1mm以下
    いかがでしたでしょうか?iPhoneを見分ける方がわかったと思います、
    近年は出っ張りも目立ってきておりタピオカレンズと揶揄される事もあるようですが、
    センサーやカメラの進歩によるものであるため致し方ないのかなとも考えられます。



    iPhone カメラ 使いこなすに関して

    iPhone カメラ 使いこなすに関して

    iPhone カメラ 使いこなす

    iphoneカメラ 使いこなす 綺麗な写真や動画を取るのに、
    ビデオカメラや一眼レフカメラなどがありますが、
    ここ最近の主流はスマホのカメラ機能を使って景色やお子さんの
    運動会の動画など綺麗に取ることが流行ってます。加工なんかも。。
    そのとった動画や写真をiPhoneのカメラやビデオ機能を使えば、
    連携(シェア)機能を使って他社製アプリに直接アップロードなんて簡単にできちゃうんです。
    思い出を遠く離れた家族と共有できたら喜びますよね。

    1,【光学ズーム】

    2,【Log撮影】

    3,【3Dの空間ビデオ撮影】

    4,【4Kにも対応したProResを外部ストレージに記録できる】

    5,【AF/AFロック (オートフォーカス/オートフォーカスロック)】

    6,【LIVE photos (ライブフォト)】

    7,【フォトグラフスタイル】

    8,【ポートレート】


    1,【光学ズーム】

    光学ズームは物理的にレンズを動かすことによって、焦点距離を変化させ、
    光学的に拡大して写しています。 レンズの焦点距離が長くなり、
    被写体は大きくなる。
    画質が劣化するようなことはないためより鮮明な写真を撮ることが可能。
    この光学ズームを利用すれば写真が劣化しなくなるため
    iPhoneの光学ズーム倍率対応内で撮ることをお勧めします。
    15promaxはiPhone史上最大の5倍まで光学ズームが可能としている。

    2,【Log撮影】

    15pro/15promaxから対応したLog撮影とは、

    より広いダイナミックレンジで撮影ができる機能です。
    ダイナミックレンジとは、カメラが捕らえられる明暗の幅のことをいいます。
    色彩豊かな写真の撮影が可能です。夜でも色彩豊かな夜景などが撮影できます。

    3,【3Dの空間ビデオ撮影】

    15pro/15promaxからは、空間ビデオの撮影が可能となりました。
    3Dのビデオが撮影できAppleが2024年に販売する予定の、
    Vision Proという端末で再生可能です。
    3Dのビデオでより臨場感のある動画を撮影できるようになります。
    ビデオ撮影の幅が格段に上がるのではないでしょうか。

    4,【4Kにも対応したProResを外部ストレージに記録できる】

    15Pro/15promaxで、最大4K・60fpsのProResビデオを撮影できます。
    ProResと言うのは映画などの映像のプロにも使われている本格的なVideoフォーマットです。
    15シリーズからはTypeCケーブルが採用されているため、
    転送速度も以前とは比べられない物になっています。

    5,【AF/AFロック (オートフォーカス/オートフォーカスロック)】

    iPhoneのカメラには自動でピントを合わせるオートフォーカス(AF)機能を備えてますが、
    画面をタップして特定の場所にピントを合わせることのできる
    オートフォーカスロック機能も備えてあります。
    このロック中に四角い枠のみぎに太陽のマーク
    が出てるところをスワイプすると明るさの調節もでき、
    調整できたら四角い枠内を長押しすると調整がロックされます。

    6,【LIVE photos (ライブフォト)】

    iPhone6s以降のカメラ機能に備わっている機能がライブフォトだ。
    これは撮影した写真の前後1.5秒、
    合計3秒の動画が取ることができ写真アプリで再生もできる。
    動画撮影と似た様な機能のためファイルサイズはそれなりに大きくなるが、
    動物や人など動く被写体を撮る時には非常に便利なのでうまく活用していきたい機能。
    ライブフォトで撮影するとカメラが自動でキー写真、
    つまりベストショットを決めてくれる、
    木にいる写真にしたければ編集機能でベストショットを自分のお好みにカスタマイズできる。
    この他にも、さまざまな機能があるので色々試してみよう。

    7,【フォトグラフスタイル】

    iPhone13シリーズ以降に発売されたiPhoneには
    フォトグラフスタイルという機能が備わっています。
    写真の色味やトーンを不自然な色になることなく撮影できる機能。
    使うには撮影画面を上にスワイプし下部に表示されているフォトグラフスタイル機能をタップすると、
    好みの色合いに変更し撮影できる様になる。
    スタイルがそれぞれあるが、自分の好きな様に微調整かすアマイズもできる。

    8,【ポートレート】

    被写体がより目立つように、背景をぼかして撮影のできる機能がポートレートモード。
    ぼかし度合いの調節もでき、明るさなども調整できたり多様な機能を備えてるので、
    すでに知っている人は使いこなしているだろうかと思います。
    このポートレートモードはただぼかすだけでなく、
    ] 被写体を認識し瞳を印象的に撮ることも可能。
    主な機能や新機能を説明させていただきましたが、
    この他にもナイトモードの設定や細かい設定などができるので、
    是非お試しいただければと思います。
    より良い撮影ライフを!


    カメラ修理の流れ

    修理の流れ1
    1

    ご来店(修理内容・お見積)

    ご予約日時にて店舗へご来店を頂きます。あなたのiPhoneを確認させて頂きます。
    当店のお見積は作業費込みの価格です。
    予約が無くても即日対応いたします。

    修理の流れ2
    2

    修理作業

    精鋭修理スタッフが修理いたします。
    数十分お待ちください。店内で待たれても構いません。

    修理の流れ3
    3

    カメラ交換修理時間目安

    機種により異なりますが、
    カメラ交換・最大40分かかる場合があります

    修理の流れ4
    4

    修理動作確認・お渡し・お支払い

    お引き渡し時に、スタッフとお客様で動作の確認をします。
    動作に問題がなければ、お引き渡し+お支払いとなります。
    お支払いは、現金、クレジットカード、Apple Payなどがご利用いただけます。




    WEB予約できます 24時間受付中



    アクセス
    アクセス情報1 アクセス情報2 アクセス情報3 アクセス情報4

    横浜店紹介
    「横浜」店 スタッフ紹介 「横浜」店の外観

    iPhone 修理 買取ならおまかせクン横浜東神奈川店へ

    iPhone修理横浜 なら おまかせクン横浜東神奈川店
    受付時間: 10:00~19:00
    電話番号: 045-548-6365
    日曜日: 10:00~19:00
    定休日: 無休

    (〒221-0822
    神奈川県横浜市神奈川区西神奈川 1-6-1 サクラピアビル(マルエツ)3階)

    横浜駅より当店まで 5 分でご来店可能
    JR京浜東北線・横浜線 東 神奈川駅徒歩1分!
    京浜急行線 仲木戸駅徒歩2分!
    東急東横線 東白楽駅徒歩6分!
    東急東横線 反町駅徒歩7分!

    お車でお越しのお客様に限り、駐車券をお見せいただければ300円キャッシュバックいたします。

    【おまかせクン】でマップ検索してお越し下さい

    各種クレジットカード使えます

    各種クレジットカード使えます

    WEB予約できます 24時間受付中
    メールでご相談
    横浜店045-548-6365お問合せ・予約 電話予約
    iPhone修理なら携帯おまかせクン